骨盤矯正椅子で姿勢を良くして腰痛も改善!

骨盤矯正椅子いろいろ

「骨盤の歪みが腰痛を引き起こす」という言葉を聞いたことはないでしょうか。姿勢が悪かったり、運動不足で骨盤を支える筋肉が衰えると骨盤が歪み、血行不良や骨格の歪みを引き起こし、結果的に腰痛を引き起こしてしまいます。骨盤の歪みを矯正するには姿勢を正すのが一番の近道ですが、これまでの生活で背骨に染み付いた姿勢は、自分ひとりの力ではそう簡単には姿勢は治せないもの…。そんな人におすすめなのが、座るだけで骨盤の位置を矯正してくれる「骨盤矯正椅子」です。今回はそんな骨盤矯正椅子に焦点を当てて、骨盤矯正・姿勢矯正からの腰痛改善について書いていきます。

姿勢を正すと腰痛も治る

例えば、座っている時に無意識のうちに同じ方向に足を組んだりしていることは無いでしょうか?どちらか一方に傾くような座り方をするなど、片方にだけ負担がかかるような間違った姿勢をとり続けていると、上半身を支える骨盤が歪んできてしまいます。デスクワークが中心のとらの場合もまさにこれで、ディスプレイとにらめっこしながら作業に集中していると、無意識に足を組んでしまい、そして頭がどんどん前のめりになって悪い姿勢に…。上半身の土台である骨盤が歪むと腰椎も歪み、背骨や筋肉にも負担がかかって腰痛の原因になります。逆に言えば、慢性的な腰痛に悩んでいる人は姿勢を正して骨盤の歪みを直すことで、腰痛改善につなげることができるのです。

人は起きている時間の半分は座っている

PCやインターネットの発達により、この数十年で現代人は椅子に座って作業をする時間が長くなりました。このデスクワークの長時間化が腰への負担を増大させ、腰痛を引き起こす原因になってしまいます。

日本人の平均総座位時間は8〜9時間

睡眠時間が7時間だとすると、人が起きている時間は大体17時間です。そのうち、日本人の総座位時間は8〜9時間と言われていますので、起きている時間の半分以上は座っていることになります。デスクワーク中心の人なら仕事中の大半は座っていることになりますので、さらにその時間は長くなります。腰にとって一番負担が大きいのは座っている時ですから、これでは腰痛になるのも無理はありません。

もちろん立って運動することも大事だけど…

もちろん、腰への負担が多い座位時間を減らして、こまめに立ち上がって運動をするのが腰にとっては理想的です。しかしながら、デスクワークが多いオフィス内では頻繁に立つわけにもいきません。そうなると座っている状態の時こそ、腰への負担を減らしたいところです。

ちなみに最近では、そもそも座る時間を減らすアプローチとして立ったままPC作業ができるスタンディングデスクも除々に注目されていますね。それはまた、別の記事で書こうかと思います。

座っている時の姿勢を正せれば、腰痛も軽減できる

人間は無意識のうちに自然とバランスを取る性質がありますが、間違った姿勢のままだと間違った方向にバランスを取ろうとして、体のどこかに負担がかかってしまいます。怪我した右足をかばおうとすると自然と左足に力が入り、負担が大きくなって左足まで痛めてしまうのと同じ理屈です。もっとも時間が長く、そして腰への負担が大きい座っている時の姿勢を正しく保てば余計な負担をかけずに全体のバランスが取れ、骨盤の負担も減って矯正され腰痛も軽減できる、というわけです。

姿勢を正すには椅子を変えるのが最も効果的

そうは言っても、長年体が慣れた「間違った姿勢」から何のサポートもなしに自分の意志だけで「正しい姿勢」に矯正するのは難しいもの。そこでお勧めしたいのが「骨盤矯正椅子」です。骨盤を矯正するアイテムには骨盤矯正クッションもありますが、骨盤を矯正するためには骨盤の前傾や後傾を支える背座一体の方が効果が高く、骨盤しか矯正できないクッションでは効果は限定的になります。価格は骨盤矯正クッションの方が安いですが、本気で骨盤を矯正したいなら多少高くても効果の高い骨盤矯正椅子をお勧めします。

椅子を使って強制的に良い姿勢をつくる

骨盤矯正椅子は座るだけで正しい姿勢を保つことができ、座り続けることで自然に骨盤を矯正して正しい位置に戻してくれる優れものです。座った時に正しい姿勢で座るように設計されていますので、座るだけで強制的に「正しい姿勢」に矯正され、座り続けることで体が正しい姿勢に慣れ、姿勢も良くなって骨盤の歪みも改善されます。

とらの一言
意志を変えることも大事ですが、椅子を変えることも大事ですね。(言いたいだけ)

骨盤の歪みとは?

骨盤が矯正されるとなぜ姿勢が良くなって腰痛が改善するの?という問いに応えるために、もうすこし骨盤について踏み込んでみます。骨盤は背骨や股関節を支える役割だけでなく、膀胱や直腸などの内臓を守る役割も果たすなど実は体の中でも非常に重要な部分です。その骨盤が歪んでしまうと、血行不良や体型の崩れなど身体へ様々な悪影響を及ぼします。その影響の1つに、腰痛が存在するわけです。

骨盤が歪む主な原因は「間違った姿勢」

骨盤が歪む原因は骨盤を支える筋肉が衰えたり、女性の方なら出産時に骨盤が開いたまま歪んでしまうなど様々ですが、一番多い原因は日常生活で何気なく取っている「間違った姿勢」です。うつ伏せで寝る、足を組んで座る、横坐りをしている、バッグを持ったり電話をかける方向が左右どちらかに傾いている、サイズに合わない靴を無理矢理履いているなど、普段何気なくしている行動が積もり積もって骨盤に負担を与え、歪みを作る原因になっているのです。

骨盤の歪みのタイプ

ひとくちに骨盤の歪みと言っても骨盤の歪み方は1つではなく、主に3つのタイプに分類できます。

  1. 骨盤がねじれているタイプ
  2. 骨盤が傾いているタイプ
  3. 骨盤が開いているタイプ

骨盤がねじれているタイプ

ねじれているタイプは腰からお尻にかけて脂肪が付きやすく、腰痛や膝の前部分に痛みが出やすくなります。

骨盤が傾いているタイプ

骨盤が傾いているタイプは下腹がポッコリ出やすくなり、肩こりや首こり、便秘や腰痛になりやすいのが特徴です。

骨盤が開いているタイプ

そして、骨盤が開いているタイプは猫背やO脚、X脚になりやすくなり、便秘や下痢に悩まされるのが特徴です。腰痛になりやすいのは骨盤がねじれていたり傾いているタイプですので、心当たりのある人は真剣に歪みを直すことを考えたほうがいいでしょう。

骨盤の歪みから来る症状

骨盤の歪みが腰痛を引き起こすと説明しましたが、実はそれ以外にも骨盤の歪みを放っておくと様々な弊害があります。骨盤が歪むと体幹の筋肉が弱くなり、腹筋や背筋が弱ってきます。身体を支えるこの筋肉が弱くなると新陳代謝が悪くなり、血流が悪くなるため、体の冷えや肩こりを引き起こしてしまいます。さらに、骨盤周辺の筋肉が歪みによって弱くなると猫背になり、ボディラインのたるみの原因にもなります。身体の中にある骨盤は表面からは見えないので、自分の骨盤が歪んでいるかどうかを意識した事がある人は少ないでしょう。しかし骨盤を歪んだ状態のままにしておくと、腰痛に限らず体の様々な部分で不調が出てくるのです。

骨盤矯正すると、どんな良いことが?

骨盤を正しい位置に戻すことで、骨盤の中にある臓器が正しい位置に戻され、曲がっていた背骨も元に戻るなど、骨盤の歪みが原因でずれていた身体の部分も一緒に正しい位置に戻ります。血流が良くなることで肩こりや冷え性などが改善され、腰痛も緩和される可能性があります。さらに、骨盤が元に戻ることで新陳代謝も元に戻りダイエットにも効果があるとも言われています。骨盤が歪んだままでいいことは何一つありませんが、言い換えれば骨盤の歪みを直すことで今まで悩まされていた様々な症状を解決できるのです。

骨盤矯正と姿勢矯正の関係

間違った姿勢が骨盤の歪みを引き起こし、背骨を支える骨盤が歪むことで背骨も曲がり、猫背になってさらに姿勢が悪くなるという悪循環になってしまいます。逆に言えば、骨盤を矯正できれば背骨の曲がりも解消されて姿勢も良くなるということです。骨だけでなく、周りについている筋肉も正しい位置に戻るため、体全体の歪みが改善されます。あとは正しい位置に戻った筋肉が身体を支えてくれるので、正しい姿勢を維持してくれるというわけです。

骨盤矯正と腰痛改善の関係

骨盤が歪み、不自然な姿勢になってしまうと、それを支える筋肉も不自然な姿勢を支えるため、必要以上に緊張し、骨盤が引っ張られるなどして腰痛になってしまいます。骨盤の歪みを矯正し、正しい姿勢に直すことは、筋肉を不必要な緊張から解放し、正しい位置で支えることによって腰痛の原因を取り除くことでもあるのです。

普段から猫背で前のめりな姿勢で座り続けている人は、骨盤矯正椅子を試してみると、腰が楽になって長時間座っていても苦にならないことが体験できると思います。正しい姿勢が強制的に保たれるので、慣れるまでは少し違和感を感じるかもしれませんが、正しい姿勢で座り続ければ腰への負担も軽くなって中長期的には腰痛改善に繋がるのです。

骨盤矯正椅子はどのような観点で選べば良い?

少し長くなりましたがここまでの説明で、骨盤を矯正することは腰痛改善だけでなく身体の不調を改善するのにも近道であることがお分かり頂けたと思います。では、骨盤の歪みを矯正してくれる骨盤矯正椅子はどうやって選べばよいでしょうか。

骨盤矯正効果

骨盤の歪みや姿勢を直したいから骨盤矯正椅子を買うわけであって、やはり骨盤矯正効果が高い椅子を選ぶのがまず一番ですよね。特に腰痛を解消したい、姿勢を矯正して綺麗な姿勢になりたいという方は骨盤矯正効果を重視して選ぶことをお勧めします。各メーカーとも、研究に研究を重ねて効果の高い椅子を開発しています。商品の説明を確認して、自分の身体に合った骨盤矯正効果の高い椅子を選ぶようにしましょう。とらのこしでも、骨盤矯正椅子については徹底リサーチを行い比較・レビューをしていきます。

座り心地

いくら骨盤矯正に効果があると言っても、自分に合わない椅子を我慢して使っていてはストレスが溜まり、逆効果になってしまいます。骨盤矯正椅子は、毎日座り続けて除々にじわじわと効果が出て来るものです。骨盤矯正効果は大事ですが、毎日座り続けることができなければ意味がありません。長い時間座れて仕事に集中できる椅子が欲しい、骨盤矯正とは言えリラックスして座りたい、座り心地が悪いと座り続けられる自信が無い…という人は骨盤矯正椅子の座り心地を重視して選んでみてください。

価格

骨盤矯正椅子は普通の椅子と比べて値段が高いものです。そのため、まずはお手頃な価格のものを試してみて、骨盤矯正の効果を確かめたいという人も多いと思います。もちろん価格も気にすべき点ですが、普段価格重視で選ぶ人は椅子の値段だけでなく、骨盤矯正の効果や座り心地など、値段以外の要素もしっかりチェックしてください。目先の安さにつられて骨盤矯正の効果のない椅子や自分に合わない椅子を買ってしまっては「安物買いの銭失い」になってしまいます。また、メーカーによっては、安い価格でお試しプランを用意している骨盤矯正椅子もあります。普通の椅子以上に、自分の身体に合っているかはしっかり確認したいところ。このような割安プランを活用したり、店舗に足を運んで試しに座ってみたりして、後悔の無い買い物をするようにしましょう。

デザイン

椅子のデザインはこだわる人・全く気にしない人で大きく分かれる観点かもしれません。見た目が全く気にならない人は良いのですが、デザインやインテリアにこだわる方にとってみれば、せっかく高いお金を出して骨盤矯正椅子を買うわけですから、見た目もセンスのあるものを選びたいという人も多いでしょう。骨盤矯正椅子の中には、矯正効果だけでなくインテリア性を重視したデザインにもこだわった椅子もあります。自分の気に入ったデザインの椅子なら骨盤矯正椅子に座るのも楽しくなって、途中で座るのをやめてしまうという事も無くなりますね。